JOB

【副業】個の力で生きていけ!2022年オススメ副業4選!

こんにちは

カメラマンとか映像編集とか細々とおこなっているDiz(でぃず)と申します

ロードバイクで東京の様々なところを写真とってます!

写真はインスタにありますのでぜひチェックしてみてください!

さあ、今回は副業についてです!

私自身も行っていたものややりたかったなーっていう副業がいくつかあるのでご紹介します!

2020年と2021年はコロナ禍でお仕事を失った方も多いと思います。

ああ、前から副業とかやっとけばよかったなとも思われているんじゃないでしょうか

そうじゃない方も2022年は個人の力、スキルが試される時代になってきます

その時代に取り残されないように今からでもちょっとした副業を検討してみてはいかがでしょうか

それではいきましょう!

本記事はこんな方にオススメです

副業してみたいけどオススメは?

オススメの職種でどのくらい稼げるの?

個の力とは?

  • 副業には2種類の型がある
    • フロー型
    • ストック型
    • オススメはこっち
  • オススメ5選!
    • 動画編集
    • せどり
    • ブログ
    • YouTube
    • コンテンツ販売
  • まとめ

副業には2種類ある

フロー型

フロー型というのは簡単に言えば、やった分だけお金がもらえるという報酬体系です

よく、狩猟型などと例えられることが多いですが、狩り出ただけ獲物が獲れて、肉が食べれるというイメージです

即金性が高いのが特徴です。やればやるだけお金にはなりますけど、自分が動かなければお金は生まれてこないです

一般的なアルバイトだったり、会社員なども労働に対する対価としてお金が支払われているのでフロー型になります

ストック型

ストック型はやったことがすぐにはお金にならないが実ったらほっといたらお金を生み出します。

農業型と例えられることが多いです。いきなり実ることはないけれど秋になったら、収穫できるようなイメージです

即金性は低いです。やった分は自分自身の資産となって、積み重なって貯まっていきます。寝ていてもお金を生み出すようになります

YouTuberとかはこっちに当てはまりますよね。昔の動画でも再生されれば収益になります。

オススメはこっち

オススメは断然ストック型になります

フロー型での副業は単なる労働にしか過ぎません。自分の時間を切り売りしているので自分自身のスキルの向上には繋がりませんし、疲れるだけです。

ある程度、本業での収入があって生活できているならば、ストック型の副業でコツコツと不労所得につながるマネーマシンを作りましょう!

オススメ4選!

動画編集

今ではメジャーな副業となってますよね!パソコン1台あればどこでも仕事が行えるので副業にもってこいです!

時給換算;0円〜10,000円 スキルと効率次第

自分自身のスキルで勝負ができる

動画編集はスキルさえあれば、仕事は無限にあります。意外と難しいイメージがありますがカットだけの依頼だったり、効果音やBGMだけを挿入する依頼だったりと簡単なものもあります。

また、ジャンルも物凄く多いです。ビジネス系であったり、エンタメ系だったりとその種類は多岐にわたります。自分自身が合うものを見つけて、そこに特化したスキルを身につけるのもいいでしょう!

高単価も狙える

スキルが備わってきたら難しい種類の動画編集などにも挑戦してみるのもいいでしょう。

WebのCM広告など行っていくと3〜5万円くらいになることもあります。

また、クライアントからの信頼を勝ち取ることによって時給単価UPも望めるでしょう!徐々に上がる単価+作業が早くなれば効率的に稼ぐことができます。

最初はフロー型の仕事形態になりますが、動画の編集を他の編集者に託すなどディレクターのようなポジションもあるのでそっちになったらかなり、不労所得になることでしょう

パソコンのスペック

パソコンのスペックによって大きく作業の速度も変わってきますし、そもそもソフトが動かない場合もあるので注意が必要です。

Windows;Core i7 16GB SSD 512GB

Mac;MacBook Air M1 チップ

ぐらいあると普通の編集は割と快適に編集作業ができると思います

Amazonで購入

最初の時給はいいものではない

そもそも、編集ソフトを覚えるところも少し時間もかかりますし、

単価が低いものの編集を行うと思います。最初はやはり時間がかかります、

私自身も1本5,000円の動画編集を10時間かかってしまって時給500円なんてこともありました

ある程度の覚悟は必要です。

せどり

せどりも有名な副業になりました!スマホ1台からできるのでやっている方も多いのではないでしょうか!

商品を仕入れて、それを欲しい人に売る。これは商売の基本的な原理なのでやってみるとビジネスも学ぶことができると思います

時給換算;0円〜5,000円 スキルと効率次第

手軽に始めることができる

スマホ1台からできる副業です。本当に簡単なのはAmazonで購入したものをフリマアプリで売って収益を上げるなど家にいながらできる副業です。

店舗でのセール品や中古のリサイクルショップなどで仕入れてフリマアプリなどで売る方が収益は大きくなるので自分自身の行動量で大きく変わるのでやりがいもあると思います。

フロー型の副業である

せどりは基本的にフロー型の仕事になります。販売した分だけ自分の収益になるという報酬形態になります。

せどりだけで満足するとなんのスキルも身につきません、中国から安く輸入し、Amazonで販売するなどのビジネスを大きくしていかなければなりません。そこまでくるとストック型のビジネスになり、寝ててもお金が生み出されると思います。

元手が必要

これは至極当然なのですが、商品を仕入れるためには元手(お金)が必要になっていきます。商品を仕入れたのに全然売れないというリスクも潜んでいます。

それを回避するには市場を見ることです。相場はどうなってるか、需要はあるのか、としっかりとリサーチすることが重要です。

ブログ

ブログも副業の代名詞と言ってもいいんじゃないでしょうか。

昔からある副業でもう終わったコンテンツなのではないかと思われるかもしれませんがそんなことありません!

調べ物とかはまだ文字でも見ると思うのでまだ廃れてはないのでやってみてください!

時給換算;0円〜30000円 コンテンツと効率次第

スキマ時間で手軽に始められる

これも思い立ったらすぐできるってのが魅力的です。通勤時間や休憩時間にも執筆できます。

おすすめの方法としてはブログのネタは休日なんかに一気に考えてしまって、平日に執筆していく方法です。またスマホの方で下書きを行うともっと効率的に書けると思います

当たればでかい

あのマナブさんの収益の内訳も2〜3記事から成り立っているそうです。

質の高い記事も必要ですが記事数も重要になってきます。できれば毎日更新が理想的ではありますがそのせいで記事の質が極端に落ちてしまうのはダメです。質と更新頻度の両立は難しいかもしれませんですがやはり、副業の王道ではありますね。

成果に繋がりにくい

ブログは成果に繋がりにくいというか繋がるまで継続できない人が大半です。ブログの半年まで続けている方は3〜5%ほどらしいです。

1万円を稼ぐにも早くて2−3ヶ月、または1年かかる方もいらっしゃいます。個人差はかなりある副業です。ずっと耐え忍んで良質な記事をあげ続けてください。

YouTube

YouTubeはここ数年ですごいことになってますよね!

子供たちのなりたい職業も1位になってます。これも職業として認知され、ストック型の仕事です。

時給換算;0円〜∞円 コンテンツ次第 継続

好きなことが仕事になる

以前ヒカキンさんやはじめしゃちょーのキャッチコピーとして有名になりましたよね

ほんとにそのように感じます。好きなこと+αの撮影で世界に発信できて有名になることだってできます。

YouTubeは終わりに近づいてるという意見もありますが全然そんなことないです。

まずは好きなこと撮影してみて、投稿してみましょう!

広がる世界

YouTubeでのメリットは自分自身が広告塔になることで物販もできるというのがあります。

YouTube再生収益+コンテンツやアパレルなどの販売をすることによって雪だるま式に収益が膨れます。全て好きなことでできるので楽しさもあるでしょう!

登録者1,000人再生時間4,000時間

これに挫折する方しかいないです。この数値に到達するまで何年かかるかもわからないし、一生ならないかもしれません。

今、稼いでる方は先駆者ばかりではありません、後発組でも稼げる可能性があるのがYouTubeなのです。1番最初に紹介した動画編集も並行して行うと両方のスキルが身につき、成長が早いと思います!

顔バレする可能性がある

顔は出した方が再生数が伸びやすい傾向にあるのは事実です。本業があるのに顔を出すのは抵抗ありますよね。今はコンテンツによっては顔出ししなくてもいいような動画は多いので自分に合うスタイルを見つけることも大事な要素です

まとめ

いかがだったでしょうか?

今回は2022年でも通用する、また需要のある副業をご紹介いたしました

今回、私が一番言いたかったことは副業まで自分自身の時間を切り売りする副業はしないことです。

副業は起業です。小さなことからでいいので週末起業してみてください!

それでは!

-JOB
-, , , , , ,

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。